Skip to content

断乳後の胸が小さくなった。それを治すには?

断乳後に胸が小さくなった、何だか前よりも形が悪くなったなんて人が多いです。

妊娠や授乳によって、女性は胸や体型に何かしらの影響を受けることは仕方のないことです。

でもその胸を妊娠前のように戻せないのか?と思われているのではないでしょうか?

実は断乳した胸が小さくになるのには原因があります。

そして原因があるので、それを元に戻すことも可能です。

こちらでその方法を載せていますので、参考にしてみて下さい。

断乳後の胸が小さくなる原因とは?

断乳後の胸が小さくなる原因としては、授乳によるバストへの負担が大きいです。

女性の体は、授乳により、一時的に胸が膨らんだ状態になります。

それは、まるで風船を膨らますかのような状態になっています。

でも授乳をすることで、胸の中で生成された母乳がなくなり、しぼみます。

その膨らんだり、しぼんだりを繰り返しながら、やがて授乳を終え、いわゆる断乳期になると、母乳が生成されなくなるのでしぼんだ状態になります。

その状態は、出産前のバストに戻るというよりも、それよりも小さい状態になってしまいます。

なので、断乳により、胸が小さくなってしまうのです。

断乳後の胸を元に戻すには?

私自身、断乳によって元々Dカップだった胸がBカップにまで小さくなってしまいました。

でもその胸を今ではDカップまで元に戻すことに成功しました。

その方法とは、プエラリアサプリを飲むことでした。

というのも、胸を大きくするには、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が大きく関わっています。

それをプエラリアによって活性化させます。

なのでプエラリアサプリを飲むことで誰でもが憧れるようなぷるるんバストを実現できます。